Personal Mental Training for Junior

 

本気で挑戦するジュニアアスリートへ


 

成果を出すことを常に求められるアスリート。

 

確実に成果を出すために必要なことは、

 

 「ふだん練習でやっているプレーの成果を本番できちんと出すこと」

 

 「本番で緊張したりテンションを下げてしまうなどの波を作らないこと」

 

 「失敗による落ち込みなど気持ちにプレーを左右されないこと」

 

などがあります。

 

日々の練習でいくらスキルを訓練しても、

それを試合で発揮できなければ結果は残せません。

 

スキルを支えているのがメンタルです。

 

メンタルトレーニングやイメージトレーニングは

 

今やスポーツ界では常識になりつつあります。

 

しかも、メンタルトレーニングというと

 

少しハードルが高いように感じる方もいるようですが、

 

今の時代は様々な改良が加えられ、

 

小学生、中学生、高校生でも取り組めるように進化してきています。

 

 

 

誰が見ても才能がある人だけが、

 

結果を残せるわけではなく、

 

まだ才能を開花していない人の能力を存分に引き出し、

 

その上でメンタルトレーニングをしていくということができるようになったのです。

  

 


<対象> 

 

本気で挑戦するアスリート

 

スポーツで確実に成果を出したいと思っている人 

 

 部活やクラブチームで今よりも成果を出したい人

 

スポーツを今よりもっと楽しくやりたい人  

 

小学5年生〜高校3年生とその保護者様

 


クライアントの感想

 ➖一部抜粋➖

 

T.Kさん(中学生)

 

 私はとても緊張してしまうので今日教えてもらった事を普段からやっていって

 試合などで自分の力を出せるようにします

 

I.Nさん(中学生)

 緊張をほぐしたりするのは思ったより簡単だなと思った。

 気持ちが落ち込んでいてもポジティブな事を言おうと思った。

 試合でいつも緊張してしまうので、今日教わった事をやってみます。

 これから生かしていける事をいろいろ教えてくださり、ありがとうございました!

 

F.Aさん(中学生)

 結構試合前にマイナスな事を言っている気がするから、

 これからは言葉に気をつけてチームの人たちを緊張させないようにする!

 イメトレを前日によくやってみたいと思いました。

 練習も試合も緊張するけど楽しむ努力をします

 

T.Mさん(中学生)

 最初は目標を持っても達成はできなさそうだなと思っていましたが、

 お話を聞く中で自分を自分でコントロールすれば確実に近づけるんだなと思いました。

 試合の時に緊張をしやすいので、緊張をほぐす呼吸を使ってみたいです。

 

 

E.Aさん(中学生)

 いろいろとできない事があって悩んでいたので、この話を聞いてスッキリしました。

 

Y.Aさん(中学生)

 トレーニングってもっと難しい事なのかなと思ったけど、

 意外とこんなに簡単だったんだと思いました。

 

K.Kさん (小学生)

 人間の脳ってすごいんだなーと思いました。

 とっさに出た言葉や表情などを使ってON,OFFを決めてしまうからです。

 難しい話かと思っていたけど、とても楽しかったです。

 

Y.Yさん(中学生)

 チームでも取り入れていけそうなものもあったので、

 使っていきたいと思います。

 ゾーンに入って練したり、ラスの言葉などをどんどん活用できるように

 していきたいと思います。とてもわかりやすかったです。

 

A.Kさん(中学生)

  自分の気持ちが替わるだけで実現可能となるということがわかりました。 

 

 「心を強く持ちなさい」「気持ちが大事」そんな言葉を耳にします。パフォーマンスの向上を追求し続ける選手が、決まって最後に行き着くのは「メンタルの問題」です。なぜなら、パフォーマンスは、メンタルの状態に大きな影響を受けるからです。しかし実際このことはよく知られていますが、メンタルのどんな状態がパフォーマンスにどう影響を与えるのかをきちんと理解して、パフォーマンスに生かせている選手はまだまだ多くないとも言われています。それどころか、メンタルが何かということを十分に認識していない場合もあります。

 

 言い換えると、自分のメンタルの状態をきちんと把握、分析し、目指すパフォーマンスに必要なメンタル状態に修正していくトレーニングをしていないということです。

 パフォーマンスのクオリティを不安定にする要素は、イメージ・思考・緊張・感情・集中などがあります。これらは自然に向上していくものがある一方、トレーニングで効果的に高められるものだということが近年スポーツ界で知れ渡り、今では一流、プロ選手の自主トレの主流となってきています。

現状分析(練習・本番でのメンタル状態を分析します)

 ※集中力、イメージ・思考パターン分析も含みます

 

パフォーマンスに影響を与えるメンタルの状態の修正イメージを作ります

 

「メンタル」を構成する各要素の向上をパーソナルでトレーニングしていきます

 

一連の流れを日常で使えるようにするセルフマネジメントをトレーニングしていきます

 

日本代表選手やオリンピック代表選手、各分野のプロ選手が活用する

 

メンタルトレーニング技術に基づいた、脳科学や心理学、習慣形成メソッドに基づいたトレーニングです。

スポーツメンタル指導実績(一部)

 

 

 ・硬式野球選手(中学生)>>トレーニング期間2年

 

  日本代表キャプテンに就任 

 

 ・新体操選手(中学生>>トレーニング期間1年 

  

  全国大会出場

 

 レスリング全国大会出場選手(中学生>>トレーニング期間1年

 

  セレクト大会全国優勝 →世界大会3位

 

 ・ 高校サッカー選手 >>トレーニング期間1年

  

  → 全国大会出場  

 

 ・ 高校野球投手 >>トレーニング期間半年

 

  → 甲子園出場  

 

 ・ 陸上競技選手(小学生)>>トレーニング期間1年

 

  → 全国大会出場

 

など

 

[トレーナー]矢部裕貴(やべゆうき)

 講師プロフィールはこちらから

 

主な保有資格

 ・メンタルトレーニングのパイオニア西田文郎氏開発SBT®(スーパーブレイントレーニング)」1級コーチ

 10年連続13回の日本一を生み出した元カリスマ講師原田隆史氏開発「原田メソッド」認定パートナー

 ・世界中から受講者が殺到するセラピスト尾﨑里美氏直伝イメージングトレーナー 他

これまでの主な活動

 ・メンタル指導、受験指導、学校講演、PTA研修、学校教諭研修、企業研修

*スポーツチームのメンタルトレーニング指導、講演等のご依頼も承っています。

ご気軽にお声掛け、ご相談ください!*


 

 

 成果を出すために必要なのは、スキルとメンタルに他なりません。

 

持久力や筋力、特殊スキルなど技術面のトレーニングは

 

わかりやすいですが、

 

実際そのトレーニングを支えているのは

 

メンタル(心)のトレーニングです。

 

 もうメンタルトレーニングはプロ選手の特権ではありません。

 

小学生、中学生、高校生でも同じトレーニングで

 

成果を出すことができるようになっています。

 

 


【これまでのクライアントの主な競技】

 

・新体操(小・中)  ・サッカー(中・高) ・野球(中・高) ・バドミントン(小)

・レスリング(中) ・バレーボール(中)  ・陸上 (小・中)

 

全国レベルで活躍する選手、活躍を目標にする選手が多く来られます。


料金

 

12回・10回・8回・6回・4回 より選択

 (12回以上の場合はご相談ください)

 

■1回1h¥10,000+税

 

[年12回以上]10%割引 [年10回以下]5%割引

 

日程・実施頻度・場所は、相談の上決定します

 

■実施方法

 ①WEBセッション5%割引 

  zoom ミーティングを用いて、オンラインで顔を見ながら受講

 ②対面セッション

  タイプ1)滋賀県東近江市尻無町の学習塾レベルアップにて実施(通常料金)

  タイプ2)出張:滋賀県内10%割増

  タイプ3)出張:その他のエリア 応相談

 

 ※2019年10月より税率が10%になります

お試しになりたい方は、1回〜も受け付けておりますが、メンタルトレーニングは「トレーニング」ですので、成果を出すためには、日々の積み重ねとなることをあらかじめご了承ください。


 

体験セッション

 

1h 5,000円+税

 

●メンタル状態分析カウンセリング

 現在目指しているゴールに向けて、どのような場面でどのようなメンタルになっているのかを分析していきます。

 

日程・実施頻度・場所は、相談の上決定します

 ■実施方法

 ①WEBセッション5%割引 

  zoom ミーティングを用いて、オンラインで顔を見ながら受講

 ②対面セッション

  タイプ1)滋賀県東近江市尻無町の学習塾レベルアップにて実施(通常料金)

  タイプ2)出張:滋賀県内10%割増

  タイプ3)出張:その他のエリア 応相談

 


お申し込み


メモ: * は入力必須項目です